アデニウムの復活?

前回の記事( 続 アデニウムの不調 - 植物日誌 )では

アデニウム

こんな感じ。

葉がどこまでなくなるのか分からなくて、水やりの回数をかなり減らしたから

ちょっとシワが...。

この子が植替えから1ヶ月経ち

アデニウムの復活?

新芽が出てきたー!

出てくるなとわかった時点で水を少し多めにあげたから幹もパーン!

葉の1枚が途中まで枯れ込んでいたのに、新芽が出た途端

体内にあった不純物的なものを全て出し終わったかのように

ピタッと枯れの進行止まった不思議。

恐らくまだ根は減った状態なので吸水速度は遅くなったのだけど

このまま復活していただきたい。

 

そして後から同じ状況になったもう一株のアデニウム

アデニウム

こちらの子は最初の子に比べて進行が遅いので、まだフサフサ

だけど、葉先の枯れ、みえますか?

植え替え後も1枚づつ葉が黄色くなっていってます。

この2株の共通点として、葉先の枯れが始まって以来新芽の展開を止める

という症状がありました。

正確には、枝から芽吹こうとしている新芽が真っ先に枯れてた。

 

そして前記の通り最初の子は新芽の芽吹きと共に、古い葉の枯れが止まったのですが

この子においては同じように新芽の展開を暫く止めた後

古い葉の枯れと共に新芽を出すという状況。

この違いなんだろう...。

新芽を出す余力はあるのだから、少し改善しているのだと思いたい。

 

原因についてはまた思い当たるところもできたので次の記事へ。